テテ

BTSテテ 自作曲・梨泰院クラスOST「Sweet Night」ストリーミング 1億3500万突破

この投稿をInstagramで見る 박서준(@bn_sj2013)がシェアした投稿引用元:Rolling Stone

BTSテテの自作曲「Sweet Night」が音楽配信大手「Spotify」で1億3590万ストリーミングを突破し話題に。

「Sweet Night」はテテが作詞·作曲を手がけたソロ曲で、美しいメロディーと叙情的な歌詞が引立つアコースティックな感じのINDIE POP曲です。 アコースティックギターが曲の前半をリードし、後半に続くテテのハミングとバイオリンが加わって曲のサウンドを豊かにしています。

テテの親友パク·ソジュンとの縁で実現した「Sweet Night」は最近「ローリング·ストーン」とのインタビューでミックステープに収録するために作った曲だったが、パク·ソジュンの頼みでドラマ『梨泰院クラッツ』のOSTで誕生したと発表しファンを驚かせました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

박서준(@bn_sj2013)がシェアした投稿

「Sweet Night」は、Spotify2020年OSTストリーミング1位、Spotify韓国OSTの中で最も早く1億ストリーミングを突破。

昨年3月の発売と同時に国内外の音楽チャートを席巻し、発売から4時間で米国、英国のiTunesトップソングチャートで1位を同時に獲得し、世界54カ国のiTunesでの1位も獲得しました。

その後も急速にヨーロッパ、アラブ、北米、アフリカチャートで「ALL KILL」を記録し、118カ国のアイチューンズ1位を記録したことで、テテは「最短期間、最高記録を達成した最年少アーティスト」という記録を更新しています。

Sweet nights:和訳
引用元:@luv_musik_
by V from BTS
Songwriter: Hiss Noise, V, Adora, Melanie Joy Fontana, Michel “Lindgren” Schulz
prod: Hiss Noise, V
Released: Mar 13, 2020

On my pillow
枕に頭を沈め

Can’t get me tired
飽きる事のない

Sharing my fragile truth
儚い真実を 枕に打ち明ける

That I still hope the door is open
まだ扉は開いていると 期待してる事を

Cuz the window
だってあの時 窓を

Opened one time with you and me
君と僕で一度 開けたんだ

Now my forever’s falling down
今 僕の永遠が 崩れていく

Wondering if you’d want me now
君が今
僕を思ってくれていないかな なんて

How could I know
どうすれば
君の気持ちがわかるんだろう

One day I’d wake up feeling more
いつの日か
もっと君を感じて目覚めたい

But I had already reached the shore
なのにいつも目覚めると
僕は夢の中で既に
岸辺へ流れ着いていた

Guess we were ships in the night
僕ら あの夜に漂っていた
舟だったのかな

Night, night
あの夜に

We were ships in the night
僕ら あの夜に
お互いを待ちながら漂っていた
舟だったのかな

I’m wondering
戸惑ってるんだ

Are you my best friend
君は僕の親友なだけなの

Feels like a river’s rushing through my mind
君という川が この心に流れ込んでくる感覚

I wanna ask you
君に聞いてみたいよ

If this is all just in my head
もしもこれが 僕の独りよがりだったらと

My heart is pounding tonight
この心が今夜 激しく鼓動を打つんだ

I wonder
どうだろう

If you
もし君が

Are too good to be true
運命の人だとしたら

And would it be alright if I
そしたら いいのかな 僕が

Pulled you closer
君を傍に 引き寄せたりしても

How could I know
どうすれば
君の気持ちがわかるんだろう

One day I’d wake up feeling more
いつの日か
もっと君を感じて目覚めたい

But I had already reached the shore
なのにいつも目覚めると
僕は夢の中で既に
岸辺へ流れ着いていた

Guess we were ships in the night
僕ら あの夜に漂っていた
舟だったのかな

Night, night
あの夜に

We were ships in the night
僕ら あの夜に
お互いを待ちながら漂っていた
舟だったのかな

Night, night
あの夜に

関連記事
0 0 評価
Article Rating
申し込む
通知する
guest
0 Comments
インラインフィードバック数
すべてのコメントを表示
0
コメントをどうぞ x
()
x