BTS

BTS・aespaなどK-POPスターがビルボード席巻

Billboard_bts

現在では米国Billboardチャート「HOT100」にK-POPが名前を連ねるのも珍しくはなくなりました。

WonderGirlsをはじめ、PSYなどがランキングに登場し、K-POP史上意味深い記録を打ち立てたのが記憶に新しい。

その後、最も強力なパワーを誇るBTSやBLACKPINK、NCT(NCT)127、TOMORROW X TOGETHER、aespaなど、もはや米Billboardでは韓国アーティストを見ることがないのことの方が難しいのではないでしょうか。

ビルボードは1936年に「ビルボード」というポップ音楽の人気ランキングを出版しました。 それが最初のレコードチャートとなります。 その後、1958年ジャンルとは関係なくシングル順位を決める「ビルボードホット100」を、1963年アルバム順位を付ける「ビルボード200」を発表し、 現在では100を超える部門にわたり毎週更新しています。

最も目立つ活躍はやはりBTS。

「花様年華pt.2」で初めて「ビルボード200」に名を連ねて以来、花様年華 Young Forever」「WINGS」「You NEVER WALK ALONE」など4枚のアルバムを相次いでリリースし、話題を集めました。

以後、BTSの新曲は毎回新記録を塗り替え 「Dynamite」「Savage Love」「Life Goes On」「Butter」は、ビルボードの主要シングルチャート「ホット100」のトップとなった。 特に「Dynamite」は主要シングル図表「ホット100」で最も長期間ランクインし、PSYの「江南スタイル」の記録を塗り替え、最近発表した「Butter」も2週連続「ホット100」のトップをキープし、ロングランの兆しを見せています。

写真:빅히트뮤직

グループNCTの2ndアルバム「The 2nd Album RESONANCE Pt.1」も「ビルボード200」で長期ランクインを続け、7週間以上も継続。

女性グループBLACKPINKは、米国ビルボードホット100に数回名を連ね、K-POPガールズグループ「初」「最高」の修飾語をこつこつと刻んできた。 「DDU-DU DDU-DU」(55位)、「Kiss and Make Up」(93位)、「Kill This Love」(43位)、「Sour Candy」(33位)、「How You Like That」(33位)、「Ice Cream(13位)」、 最近はロゼのソロ曲「On The Ground」が「ホット100」に名前を連ね、新しい記録を塗り替えました。

blackpink写真:YG엔터테인먼트

いわゆる「アイドル4世代」と呼ばれる新鋭らも、米ビルボードチャートに登場し、K-POPの高まった存在感を実感させられています。

新鋭グループaespaの新曲「NextLevel」は米国ビルボード6月第1週のグローバル200チャートで先週より32ランクアップし65位を記録。

さらに「NextLevel」はグローバルチャート(米国を除く)でも前の順位より20段階上がった34位を記録し、ワールドデジタルソングセールスチャートでは11位にランクインするなど世界的な関心を集めています。

写真:SM 엔터테인먼트

そのほか、昨年から現在に至るまで、グループ「MONSTA X」や「SuperM」、「TWICE」、「LOONA・今月の少女」、「ITZY」など、国内人気グループ各社がビルボードのチャートに名を連ねています。

海外から見る韓国歌手の立場も変わりました。

最近の米国グラミー賞は韓国グループTOMORROW X TOGETHER、ENHYPENにスポットライトを当て、「私たちが知るべき韓国のライジングアーティスト」と紹介。

情熱的なファンや圧倒的なソーシャルメディアの掌握力、中毒性のある歌や目を離せなくさせる見どころなどを通じ、もはやK-POPグループは無視できない存在となったと伝えられました。

米国ビルボードは、もはや韓国の歌手にとって「夢」ではなくなったようです。
しっかりとした実力を基に海外の舞台に立ち、流行を先導していく彼らの活躍は「夢」ではなく「現実」を生み出している。

関連記事
0 0 評価
Article Rating
申し込む
通知する
guest
0 Comments
インラインフィードバック数
すべてのコメントを表示
0
コメントをどうぞ x
()
x