BTS

韓国内「BTSパワー」企業業績を左右する

btsパワー

数十億ウォンの広告費にも「BTS争奪戦」激化
BTSで韓国内外の業績向上·ブランドイメージ向上… 「一石二鳥」
BTSで確保した潜在顧客、ロックイン戦略がカギ

最近、韓国流通業界ではグループBTSをめぐり「寝ていても年俸が上がる」という話があり、BTSがモデルを務めれば、多くの製品の品切れ確実はもとより、海外業績も垂直上昇するため、巨額の広告費も躊躇しない雰囲気だそうです。

特に、「コロナ」でBTSの国内滞在時間が長くなり、広告主はマクドナルド、OBビール、コーウェイなど分野を問わず広がっている。 企業の立場ではMZ世代(1980-2000年代生まれ)から40-50代に至る全年齢層と世界各地150万人の「アミ」まで顧客として確保し、BTS効果でブランド価値も高める成果を得ているとのことです。

関連記事
0 0 評価
Article Rating
申し込む
通知する
guest
1 Comment
新しい順
古い順 最高評価
インラインフィードバック数
すべてのコメントを表示
1
0
コメントをどうぞ x
()
x