ジョングク

【BTSジョングク】韓国正義党議員 タトゥーを隠した絆創膏に言及「Tattoo合法化立案」に批判殺到!

タトゥジョングク

韓国正義党の柳浩貞(リュ·ホジョン)議員が8日、タトゥー業法制定案の立案を完了したと、フェイスブックを通じて明らかにしました。

同日、リュ·ホジョン議員はこのようなニュースを伝え、自分のフェイスブックにBTSジョングクの手の甲にタトゥーが刻まれた写真を数枚添付しています。

ところが、いくつかの写真ではジョングクが自分のタトゥーをそのまま現しているのに対し、いくつかの写真ではタトゥーを絆創膏に隠している。

これについて、リュ·ホジョン議員は「BTSジョングクの体から絆創膏をはがせ!」「好きな芸能人の体に付いた絆創膏を見たことがあるか! 特に韓国放送によく見られるこの醜い光景は、タトゥーを選り分けるための放送局の措置」と説明しました。

正義党:リュ·ホジョン議員

続いてリュ·ホジョン議員は「美しい絵と素晴らしい文、私たちの周辺でよく見られるタトゥーは違法、タトゥー人口300万人時代、最高の技術力、高い芸術性を持った国内のタトゥーイーストが世界大会を席巻し、世界舞台で優れたアーティストとして崇められている間、”K-タトゥー”をKOREAだけを無視している」と指摘。

リュ·ホジョン議員はこの日、「タトゥー業法制定案」の立案を完了したと明らかにした。 また「申告された業者で資格が認められたタトゥーイーストのみ施術できるようにした」とし「保健福祉部を主務部処とし、タトゥー業者に衛生と安全管理義務、関連教育を履修する責任を与えた」と説明した。

しかし、この掲示物にはリュ·ホジョン議員の趣旨とは異なる非難の書き込みが相次ぎ、「ジョングクの写真を下せ」というものだった。

彼らは「主張したい内容と意図だけ掲載し、特定アーティストの写真は削除せよ」「法案を発議するのはいいが、BTSという単語、ジョングクの写真は削除すべきだ」「特定の人だけが写真を掲載するのは意図が変わらないのか」など、特定芸能人を政治に利用するなという書き込みが殺到しました。

関連記事
0 0 評価
Article Rating
申し込む
通知する
guest
0 Comments
インラインフィードバック数
すべてのコメントを表示
0
コメントをどうぞ x
()
x