BTS

金正恩「K-POPは悪性のがん」 北朝鮮で【BTS】を踊る若者世代に警告

金正恩 BTS


北朝鮮のキム·ジョンウン国務委員長がK-POPを「悪性ガン」と規定し、韓流を徹底的に排斥しています。

10日、ニューヨーク·タイムズの報道によると、キム·ジョンウン氏はK-POPを北朝鮮の青年を腐敗させる”悪性がん”と規定し、反K-POP運動を展開しているとのことです。

キム·ジョンウン氏は、「資本主義文物の侵襲を防がなければ体制は崩壊する恐れがある」と強く警告しました。

新型コロナウイルス感染症防疫措置の一環として、地域間の移動を統制し、家に滞在する時間が長くなり、北朝鮮住民の間で韓国音楽やドラマなどへの需要が高いのが現状だといいます。

特に北朝鮮のMZ世代(1980年代初め~2000年代生まれの青年層)たちは「反社会的」という弾圧にもかかわらず「韓国映画・ドラマ・K-POP」など日常的に触れています。

韓国ドラマを密かに視聴し、6人の学生が懲役刑に処される事件が発生したと、デイリーNKは報道しました。

また、昨年には空軍および反航空軍司令部直属の20代軍人3人が娯楽会でBTSの「血、汗、涙」ダンスを踊り、軍警察に連行されています。

K-POPを北朝鮮に不法流通するネットワークを運営するある脱北者は、
「北朝鮮の若者はキム·ジョンウンに何の借金もないと考えている」とし「白頭門の政治的基盤を失いたくなければ理念的統制を再整備しなければならない」と話した。

また、アジアプレスインターナショナルの石丸編集長は「韓国の文化的侵略はキム·ジョンウンと北朝鮮が耐えられる水準を超えた」と指摘。

同メディアが公開した北朝鮮政府文書によると、北朝鮮の青年層は韓国のコンテンツと流行り言葉や造語について検索している。

北朝鮮の女性たちはこれまでデート中の男性を「同志」と呼んでいたが、「愛の不時着」など韓国ドラマの影響で「”オッパ”」と呼び始めたと記載されていました。

北朝鮮が思想的、文化的侵略を猛烈に非難したのは今回が初めてではない。 北朝鮮住民が接するラジオやテレビは、政府放送だけを受信するよう設定されており、インターネットの使用を規制。

取締り班は、長い髪をした男性や短いスカート、タイトなパンツを履いた女性を阻止したりもする。 平壌駐在ロシア大使館によると、北朝鮮住民は唯一、黒だけを染めることができるという。

北朝鮮は昨年末、「反動思想文化排撃法」を制定し、韓国の映像物流布者の最高量刑を死刑に引き上げ、視聴者の場合、最大懲役を従来の5年から15年に強化しているもようです。

bts butter引用元:bighit music
関連記事
0 0 評価
Article Rating
申し込む
通知する
guest
0 Comments
インラインフィードバック数
すべてのコメントを表示
0
コメントをどうぞ x
()
x