BTS

BTSと韓国をあざ笑ったコロンビアのラジオDJ「グラミーを金で買った」

bts

コロンビアのラジオ局「La Mega」のDJは、「BTSは韓国人ではなく中国人」「すべて金。金でチャート上位に入っている」「(BTSが多くの賞にノミネートされているのは)韓国大使館がリクエストしたから」「スポンサーがいるはず」などと発言したことで騒動に。

9日、コロンビアのラジオ番組「La Mega」で「BTS」の新曲「Permission to Dance」をリクエスト曲として紹介。

その過程でDJたちが「この中国人たち、まだ早すぎる」、「全部金の力だ。グラミーも重要な授賞式も全部金で買った。スポンサーがいる」、「この曲のリクエストも韓国大使館がした。『BTS』をみんなが好きになる必要はない」などと話していたと伝えられている。

コロンビアのメディアによると、この放送が放送された後、現地のBTSファンの抗議が殺到しSNSでは「#LaMegaSeDisculpa(ラメガ謝罪)」というハッシュタグも続々と掲載。

しかし、ラジオ番組の司会者たちは、謝罪を口実にして再び韓国を嘲弄。

司会者のうち1人は旭日旗が描かれたTシャツを着て番組に出演し、もう1人は日本のアニメ「ドラゴンボール」の超サイヤ人扮装で出演し、

司会者らは放送で愛国歌を流しては、くすくす笑ったり、自分撮りをしたりするなど、愛国歌を途中で断ち切り、ドラゴンボールのテーマ曲も流しました。

現地メディアは「アジア人の国籍を問わず外見で呼ぶこと自体が人種差別」と司会者を猛烈に批判しました。

関連記事
0 0 評価
Article Rating
申し込む
通知する
guest
0 Comments
インラインフィードバック数
すべてのコメントを表示
0
コメントをどうぞ x
()
x