BTSコラボ

マクドナルド「BTSセット」日本と中国で販売されないのは・・・なぜ?

McDonald_bts

今月27日にマクドナルドとBTSが共同で開催した「The BTSセット」が韓国をはじめ米国など世界50カ国で発売され、大きな反響を呼んでいます。 特に東アジアでは、日本と中国を除いて韓国を含む5ヵ国でのみ発売されており、その背景についても大きな関心ごとに。

これに先立ちBTSは昨年10月、「韓国戦争」発言で中国で論争が起きました。

当時RMは米韓親善非営利団体であるコリアソサエティーの年次行事で賞を受賞した後「今年韓国戦争70周年を迎え、韓米両国が共に経験した苦難の歴史と多くの犠牲を永遠に記憶しなければならない」と述べました。

これに対し一部の中国ネットユーザーは「なぜ中国の犠牲は尊重しないのか」と非難。 最近、BTSの米国シチュエーション·コメディー『フレンズ』特別版の出演分が中国で削除されたのもこれと似た理由から推定されているようです

日本でも過去、ジミンが光復節記念Tシャツを着て放送に出演し、RMがSNSに光復節記念ツイートを残したことを問題視。 これによりBTSの2018年日本のテレビ朝日「ミュージックステーション」出演が中止される事態がありました。

当時、ジミンが着ていたTシャツの裏面には「愛国心(PATRIOTISM)」「我が歴史(OURHISTORY)」「解放(LIBERATION)」「コリア(KOREA)」などの文字が英文で刻まれており、光復を迎えて万歳をする人々の姿、原爆が爆発する写真などがプリントされていました。 RMはTwitterに「歴史を忘れた民族に未来はない。 独立闘士の皆さんに感謝する。 大韓独立万歳」と投稿。

マクドナルド関係者によると「TheBTSセットは米国本社に販売を要請した国にのみ販売する」とし「中国?日本などが自発的に参加しなかった」と説明。

「私たちもBTSセットを食べさせてほしい」と販売要請が殺到。

BTSが世界的に人気を集めているだけに、中国と日本でBTSセットを発売しなかったのは異例のことだと話題になっています。

引用元:연합뉴스

BTSメンバー7人が好きなメニューで構成した「The BTSセット」は6月30日まで販売される予定。 チキンマックナゲット9〜10個、フライドポテト(M)とコーラ(M)、ディッピングソースの2種類で構成され、パッケージはBTSファンクラブ「ARMY」を象徴する紫色で装飾。 特にディッピングソース包装紙には製品名が「スイートチリ」「ケイジュン」とハングルで表記されており話題に。

【ぴえん】BTSとマクドナルド コラボ商品を世界49か国で展開するも日本なし・・・ いつもBTSおよびBTS JAPAN OFFICIAL FANCLUBに温かいご声援をいただき、誠にありがとうございます...

関連記事
0 0 評価
Article Rating
申し込む
通知する
guest
0 Comments
インラインフィードバック数
すべてのコメントを表示
0
コメントをどうぞ x
()
x